当園施設について

 現在建てられている学校や幼稚園の校舎は「子どもの施設であるからこの程度で良い」という安易な施工や設計のもとに建設されてきました。 私達は大切な子供の施設だからこそ、健康や環境に配慮したハイクオリティー、ハイグレードの妥協のない施設と設備を提供していかなければならないと考え、35年の経験を踏まえて「太陽と森と水」 をテーマに建設された幼稚園です。
 子ども達が活動する園地は6,500㎡という、幼稚園としては極めて広大な敷地です。 450年前の大谷口城跡地にあり、周囲は松、竹、杉、桜、梅、こぶし、もみじ等々の自然林に覆われ、しかも筑波山を望む高台の抜群な環境に位置しています。この自然林の四季折々の変化や沢山の植物に親しんでいます。 この豊かな自然林は幼児教育の大切な教材として活用されています。

園施設の詳細

  • 講堂

    ハイテク機能を備えた講堂は通常の活動の外に文化活動にも対応できる様に最新の設備により活用されています。

  • 強化安全ガラス

    採光を沢山取り入れ明るい教室にするため、イタリアのガラスブロックを使用しております。全てのガラスは強化安全ガラスを使用し破損しにくく、万が一割れても粉々になり人体へのダメージが最小限になる素材を使用しています。

  • 教室の素材

    教室の床材は天然竹、木工材は無垢の楓、廊下等の床は、ベルギーで開発された天然素材の床材、周囲の壁はバイオ壁で施工し従来の塩化ビニール系の材料やクロス貼り施工による接着剤など有害な化学合成物質を極力排除しています。さらに黒板を中止しホワイトボードを設置するなどして、今問題になっているシックスクール症アレルギー症などの対策をしてあります。この建物は健康と安全面を最優先させた体に優しい園舎となっています。

  • プレーコーナー

    多くの子ども同士によって自由に活動できるプレーコーナーを2ヶ所設置してあります。思い思いの図書や絵本などを手にして楽しい時を得られるようにしてあります。また、解放できる1階のオープンテラスは、子ども達の人気ゾーンとなっています。

  • 絵画や美術品

    園内に展示されている絵画や美術品は子ども達にとってより確かな感性を養う教材となる様に配慮してあります。
    ※写真のイラストは松本零士先生のデザインによるキャラクターです。

  • 照明

    教室内の照明は裸灯ではありません。成長期の眼を大切にしなければということで、少しでも紫外線をカットしようと、シェード付きの照明器具を採用していますので安心です。

  • 空調

    園内は全て(ホールも含む)エアコンディショナーとベンチレーターシステム完備により、年中快適で健康な空間を保ちます。

  • トイレ

    トイレ内の手洗い器は自動洗浄によって、より清潔になっています。さらに温水シャワーブースも完備しています。また、乳幼児とお母さまが同伴しながら使用できるブースを4ヶ所用意し、おむつの取替台も設置してあります。

  • 園庭

    園庭は近隣の方々に優しい対応との考え方から、砂塵をできる限り少なくし、またスピーカーによる騒音も最小限になる様に最大限の工夫をしてあります。

  • 防犯

    今、問題の園内犯罪等については、セキュリティシステムによって安全配慮をしています。最高水準の機器導入とセコムとによって万全の対策を取ってあります。

当園情報

ページのトップへ戻る