園長よりご挨拶

 大勝院幼稚園は1969年(昭和44年)「教育の原点は幼児教育にあり」との精神から、第18代大正大学学長・文学博士櫛田良洪大僧正により設立されました。 大勝院幼稚園の園地は、小金大谷口城址の三の丸の高台の地に有り、歴史ある豊かな自然環境に恵まれています。 大谷口城主、高城下野守の祈願寺であった大勝院の寺域と連なり6,500平方メートルの極めて広大な園遊地の中で、最新の設備から古き良きものまでバリエーションの広いものが完備されています。

 幼児教育に情熱を燃やす教職員によって、学校教育法による幼児教育と本園独自の仏教保育を進めてまいります。 幼稚園はご存知のとおり保育園と異なり、学校教育をも施す大切な教育機関であります。 その内容は、文部科学省が「幼稚園教育要領」に示されている領域の「ねらい」とその「内容」を個々の幼児の活動に即して、総合的に指導致します。 また、知能開発教材等によって遊びの中から考える力(知的能力)を」育てることも大切であると考えています。専門の体育講師による体力増進と指導、外国人講師による遊びながら学ぶ英語指導、音楽講師による音楽教育、伝統文化を大切にする教育等、時代に即応した総合的な幼児教育を行います。

 本園は社会問題となっている待機児童解消の取り組み、子育て支援についても行政と協力しながら、保護者の方々の要望に答えられるように対応しています。21世紀を担う幼児の大きな夢と希望を育み、心豊かな人格の形成に努めています。

■教育目標
 ① 健康で明るい子
 ② 友達と仲良く遊ぶ子
 ③ 挨拶のできる子
 ④ 自分のことは自分でする子
 ⑤ 両親を大切にする子
 ⑥ 考え工夫する子
 ⑦ 命を大切にする子
 ⑧ 心を動かし思いやりのある子
 ⑨ 最後までやりぬくたくましい子
 ⑩ 進んで取り組み夢中になって遊ぶ子

大勝院幼稚園
園長 櫛田 良豊

当園情報

ページのトップへ戻る